国際電話サービスにおける通話品質、安定性についてのご案内

通話品質、安定性についてのご注意

国際電話は「相手国の通信会社の回線」にも依存します。

日本の通信インフラは欧米をしのぎ、世界一といわれますが、通信途上国におきましては【実回線】の普及はまだまだ整備されていません。

とくに東南アジアにおける【実回線】の普及は、日本の40年前ともいわれています。

都市部、とくに 企業や公的機関では回線の整備がなされているようですが、民間領域において「回線障害」は頻繁に起こっているようです。

国際電話は、「国際回線」+「現地回線」で成り立っています。

日本大使館・一流ホテルなどへの通話状態(問い合わせ・テストコールなど)で「国際回線」「現地回線」の状態・比較 は把握できるかもしれません。一度お試しください。

弊社は、相手国の「回線障害」に対して関知できません。ご了承ください。
更新日:2014-08-28